Online Violin Lesson from USA

バイオリンレッスンとコーチングの違い

私はアメリカの

オーケストラに所属している

バイオリニストです。

オーケストラ在団20年の傍ら

2006年からは個人レッスンで

スタンフォード大学やイェール大学

シカゴ大学など

名門大学を受験する

小学校高学年〜高校の生徒さんの

バイオリンのレッスン指導をしています。

彼らの多くは

バイオリンでの活動や賞歴で

​大学受験の履歴に華を添えたり

その音楽経験を元に

受験エッセイでアピールすることが目標。

ほとんどの生徒さんが

音楽専攻ではなく

医学、科学、工学科などの受験ですから

学業との両立の大変さは

かなりのもの。

加えて、スポーツ経歴や

ボランティア活動も要求される。

これが、有名大学を受験する

現実的な

アメリカの高校生たちです。

日本のように

「勉学に勤しむために

 他のことは一切切り捨てる」

​では、大学は認めてはくれないわけです。

​そしてバイオリンをサポートする私は

学業とのバランスを相談しながら

楽曲の選定から進行速度、

どのオーディションやコンクールを

いつ受けるかなど

計画を練る必要があります。

長期にわたり

生徒さんとの信頼関係はもちろん

ご家庭とのチームワークは必須!

これは、アメリカ大学受験の関係ない

日本人の生徒さんとのレッスンでも

同じ事が言えます。

​*

一方のコーチングはレッスンとは違い

習っている先生を

変える必要はありません

ただ、現状打破するのに

何かが足りない、と言うような時に有効な

セカンドオピニオン的な存在。

ずっと同じ視点で見ていると

見つからない問題も

違う人が見ると

意外に簡単に解決することが多くあります。

  • 練習しているのに、上手くならない

  →今までに試していない、

   効果的な練習方法を探す

  • ​自信を持って演奏できない

  →初めて聴くからこそ見えてくる、

   あなたのアピールできる

   強み・特性を見つける​

  • ​表現力が乏しいと言われる

  →表現が得意なアメリカの人たちは

   どんな風に練習している?

​そんな時に

私のコーチングはおすすめです。

オンラインレッスンの利点

2020年3月

アメリカでは自粛要請を受け

学校の授業が全て

オンラインに切り替わりました。

今では、コンクールや

実技レベルテストもオンライン。

私のバイオリンの生徒さんも

個別&グループクラス共に

オンラインレッスンを実施しています。

 

​*

生徒さんのアンケートでは

  • 自宅にいながらレッスンが受けられ

  移動時間がかからないので

  時間が有効に使える

  • レッスンを録画できるので

  復習に役立つ

  • 添削ビデオが分かりやすい

と、高評価。

そして何と言っても

外出しないので

ウィルスにかかる心配もなく

風邪気味なら

​お家にいながらレッスンできる。

これは、大きな利点ですよね。

気になる音質の方ですが

外付けマイクで

ある程度カバーできますし

トーンプロダクションなどは

しっかり聴こえます。

弓や身体の使い方でも、

どんな音を出しているか

先生には分かるものです。

使うマイクは安くても良いですが

どうせなら

1万五千円ほどのマイクを購入すれば

録画時にも役立ちますね。

また、別提出の添削ビデオで

細かい音のニュアンスや

強弱、音響などをチェックしています。

 

これから先、ビデオ録画での

オーディションなどは

増えてくると予測されます。

 

早めに慣れておくのも

手、ではないでしょうか?

​​

(年に2回の『全米共通資格

 バイオリン実技レベル認定』を

 日本からもビデオ録画

 受験できるようになりました。

 詳しくはお問い合わせください)

現在では、ドイツ、横浜、九州など

アメリカ以外からも

レッスンを受講いただいております。

1/1
 

バイオリンレッスンを通して

伝えたいこと

私のストーリー

「あなたの伝えたいことは何?」​​

これは私が、ボストンの

ニューイングランド音楽院在学中に

恩師から毎日のように​言われた言葉です。

それまで、日本ではいわゆる

〈先生に言われたことを

 きちんとやる良い生徒〉

だった私には

質問の意味がわかりません。

 

きちんと練習して

レッスンに臨んでも

 

初めの2段でストップされて​

同じ質問が繰り返されます。

 

「どうして、そうやって弾くの?

    あなたは何を伝えたいの?」

 

先生はある時

私に一人の生徒の演奏を聴かせ

こうおっしゃいました。

「あなたにはきっと

 突拍子もない変な演奏に

 聞こえるでしょう? 

 

 でも彼はこう弾きたいの。

 これが彼の個性。

 それが枠をはみ出しすぎた時に

 修正してあげるのが私の役目よ。

 

 でも、私は足してあげる事は

 できないの。

 私は、あなたじゃないから。」

「音楽の演奏に、

 正しいも間違いも、ないの。

 

 唯一の間違いは

 自分で考えることをせずに

 空っぽで音だけ弾くことよ」

この言葉を聞いたときの衝撃は

今でも忘れられません。

同時に、私の中の扉が

開き始めた瞬間でした。

ただ〈上手くなりたい〉と

【 "どんな風に" 上手く弾きたいか 】

は違う。

自分がどう弾きたいかが

具体的にわかっていないのに

闇雲に練習したところで

音楽は、上達しない。

とことん考えぬいて

頭の中に自然とバイオリンの音が

聴こえてくるようになった時

多分それが、あなたの

【こう弾きたい!】です。

こう言う音。

こう言うフレーズ。

こう言う気持ち。

 

それは、人から言われたことを

コピーするのではないし

1日に8時間練習したところで

出来ることでもない。

自分が積極的に音楽作りに関わって

初めて

弾くことが楽しくなるんです。

 

もし練習が上手くいかなかったり

楽器を弾くことが

苦しくなっているとしたら

少し楽器を横に置いて

この事を考えてみてください。

​*

旅行の計画を立てる時

最初に、行き先を決めませんか?

行き先(ゴール)が

ハッキリしなければ

そこには到達できません。

自分の意図や意思を明確にする事が

思ったところにたどり着く

​近道です。

音楽も人生も同じこと

この考え方は

アメリカという外国で生きる

私を支えてくれたことは

間違いありません。

 

そして日本では

普通の生徒だった私が

数々のオーケストラで

プリンシパルのポジションを

頂けるようになったのは

この頃からです。

音楽を通して学ぶ3つのライフスキル

音楽を通して学べるスキルは沢山あります。

集中力、自制力、計画力、チームワーク力...

その中でも私は

以下の3つのスキルをあげたいと思います。

 

  1. 発想力ーCreativity

今、世の中は大変不安定で

この先の世界がどのようになって行くのか

予測のつかない日々が続いています。

 

「何が正解か、わからない」時代。

用意された答えはない、と言うこと。

これは、音楽をする上でも全く同じです。

 

私たち音楽家は、日頃から発想力を駆使し

独自の曲想作りや

練習方法を編み出す努力をしています。

 

個人の生きていく力が問われる

これからの時代、

全く新しい事を切り開いていく発想力は

重要になるのではないでしょうか?

 

 2. 柔軟な思考力

  ーCritical Thinking

物事をあらゆる角度から柔軟に考え

協議し、決断する思考力。

人生にも音楽にも

「こうであるべき」はない、と考えます。

 

例えば、先生から言われたことでも

何故なのかを考える。

楽譜に書いてあるボーイングや指遣いに

「どうして?」と疑問を持ち、探求する。

 

先生とディスカッションをする事により

新たな解決策が見つかることも多いのです。


この能力は、アメリカの学校教育では

必須なものとされ

ディスカッションやプレゼンなどは

小学校から授業に組み込まれています。

大学入試の論文

またアメリカMBA取得には

このスキルが必要不可欠だと言われます。

 

3. やり抜く力ーPersistance

音楽の習得は、毎日の積み重ねが必要です。

学校生活や、勉強に追われる学生にとっては

投げ出したくなる事もあるでしょう。

日本では、受験を理由に

音楽を辞めてしまう人も多いと聞きます。

 

困難に思えても、途中で投げ出さない力。

壁にぶつかることがあっても

目標を決めたらやり抜く力。

スタンフォードやイェールなどの

名門大学の入学選考で

音楽経歴が有利に働くのは

ここが理由とされています。

最後に

音楽の世界にいれば

必ず、全員が悩み、壁にぶち当たります。

練習しても思うような成果が出ず

諦めたくなることだって

あるかもしれません。

でも私は大人になり

「あの時に音楽を辞めなければ良かった」

と言う人を

本当に何人も見てきました。

 

なかなか前に進めない時

新しい角度からの一言が

モチベーションになることがあります。

楽しくなったり

希望が見えることもあります。

 

私が、そうでした。

あなたが

自分の音楽を好きだ、と言えるように。

アメリカよりオンラインで

サポートいたします。

 

お申し込みの流れ

お問い合わせ

お申し込み&お支払い

About

Ayako Sugaya

アメリカ在住オーケストラ・バイオリニスト。桐朋女子高等学校音楽科で宗倫匡氏の元で学ぶ。卒業後、ボストン・ニューイングランド音楽院大学に進学し、潮田益子氏に師事。在学中より、ティーチング・アシスタントを務める。

また、音楽院シンフォニーオーケストラのコンサートミストレスを務め、大学4年時には

サイモン・ラトル氏客演の特別演奏会のコンサートマスターに抜擢され、ショスタコービッチ交響曲4番でソロを演奏。ニューイングランド音楽院の大学院に進学し、卒業時には優秀演奏賞を受賞した。

この間、タングルウッド音楽祭、ドイツのシュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭、ローム音楽財団によるスイス音楽セミナーなどに全奨学金を得て参加、ロサンゼルス交響楽団の講習会では特別賞を受賞。

日米協会の音楽賞を受けNYのマーキンコンサートホールで受賞リサイタルを行なう。毎日学生音楽コンクール入賞。

 

現在は自身の演奏活動とともに、音楽を使ったアメリカ有名大学受験のサポートにも力を入れており

生徒の合格先はスタンフォード大学、ブラウン大学、イェール大学のほかシカゴ大学など名門校を含む。

また、数々のコンクールの優勝者やユース・オーケストラの首席奏者を輩出、生徒はコロラド州アスペン音楽祭、ミシガン州インターラケン音楽アカデミー、カナダのドメイン・フォルジェ国際音楽アカデミーなどに招待されている。
全米音楽演奏家連盟, 全米弦楽指導者協会 会員。

http://www.pacificsymphony.org/the_performers/meet_the_musicians/musician/ayako-sugaya

 

01

相談してみたい。
お試しレッスンしてみたい。

 

そんな方のために、初回限定のコンサルテーション&ミニレッスンをご用意しています。(30分:$30USドルー約3,000円)

下記のお問い合わせボタンより、メッセージを送信してください。

お申し込み前のアドバイスなどは、お受けできませんことを

ご了承ください。


​また、レギュラーレッスンのお値段についても、コンサルテーション内でご質問ください。

02

  1. お支払いリンクがメールで送られます。48時間以内に決済をお願い申し上げます。

  2. お支払いの確認が取れ次第、コンサルテーションのスケジュール調整のためのメールを送らせていただきます。

*お支払いは各種クレジットカードで承ります。

03

ヒアリング

生徒さんの現在の学習状況を事前に伺う事は、コンサルテーション時に非常に役立ちます。

質問フォームをお送りしますので、現在&過去に学習したソロや使っている教本などを記入し、セッション2日前までにフォームに返信してください。

 

​この時に併せて、Zoomリンクとパスワードをお送りします。

04

コンサルテーション

​& ミニレッスン

あらかじめ、Zoomアプリをダウンロードし、使い方PDFに沿って設定をお願いします。もしわからない場合は、メールでご連絡ください。

使用する部屋、カメラの位置や外付けマイクなどの機材の設定も、ヘルプが必要でしたらお申し出ください。

お問い合わせ

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Instagram
  • Facebookの社会的なアイコン