私のストーリー

「あなたの伝えたいことは何?」​​

これは私が、ボストンの

ニューイングランド音楽院在学中に

恩師から毎日のように​言われた言葉です。

それまで、日本ではいわゆる

〈先生に言われたことを

 きちんとやる良い生徒〉

だった私には

質問の意味がわかりません。

 

きちんと練習して

レッスンに臨んでも

 

初めの2段でストップされて​

同じ質問が繰り返されます。

 

「どうして、そうやって弾くの?

    あなたは何を伝えたいの?」

 

先生はある時

私に一人の生徒の演奏を聴かせ

こうおっしゃいました。

「あなたにはきっと

 突拍子もない変な演奏に

 聞こえるでしょう? 

 

 でも彼はこう弾きたいの。

 これが彼の個性。

 それが枠をはみ出しすぎた時に

 修正してあげるのが私の役目よ。

 

 でも、私は足してあげる事は

 できないの。

 私は、あなたじゃないから。」

「音楽の演奏に、

 正しいも間違いも、ないの。

 

 唯一の間違いは

 自分で考えることをせずに

 空っぽで音だけ弾くことよ」

この言葉を聞いたときの衝撃は

今でも忘れられません。

同時に、私の中の扉が

開き始めた瞬間でした。

ただ〈上手くなりたい〉と

【 "どんな風に" 上手く弾きたいか 】

は違う。

自分がどう弾きたいかが

具体的にわかっていないのに

闇雲に練習したところで

音楽は、上達しない。

とことん考えぬいて

頭の中に自然とバイオリンの音が

聴こえてくるようになった時

多分それが、あなたの

【こう弾きたい!】です。

こう言う音。

こう言うフレーズ。

こう言う気持ち。

 

それは、人から言われたことを

コピーするのではないし

1日に8時間練習したところで

出来ることでもない。

自分が積極的に音楽作りに関わって

初めて

弾くことが楽しくなるんです。

 

もし練習が上手くいかなかったり

楽器を弾くことが

苦しくなっているとしたら

少し楽器を横に置いて

この事を考えてみてください。

​*

旅行の計画を立てる時

最初に、行き先を決めませんか?

行き先(ゴール)が

ハッキリしなければ

そこには到達できません。

自分の意図や意思を明確にする事が

思ったところにたどり着く

​近道です。

音楽も人生も同じこと

この考え方は

アメリカという外国で生きる

私を支えてくれたことは

間違いありません。

 

そして日本では

普通の生徒だった私が

海外の数々のオーケストラで

プリンシパルのポジションを

頂けるようになったのは

この頃からです。